任意整理

第1 任意整理

1 債務整理の種類

2 任意整理の概要

3 過払金返還請求

4 任意整理で弁護士に説明すべき事項

5 債務整理一般のデメリット

6 債務整理一般のデメリットではない事項

7 信用情報機関

8 受任通知発送前後の注意事項

9 貸金業法等に基づく債務者保護

10 預貯金口座の取扱い

第2 債務整理の必要書類一覧及びフローチャート

以下のデータを掲載しています。

① 債務整理必要書類一覧表

② 債務整理のフローチャート

→ ②には受任通知を発送する時点の注意点も書いてあります。

第3 総量規制

1 平成22年6月18日以降,年収の3分の1を超える借入を貸金業者からすることができなくなりました。

2(1) クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)については総量規制の対象となります。
   そのため,年収の3分の1を超える借入れがある場合,新たな借入れはできません。
(2) 銀行のカードローンは,総量規制の対象となりません。

3(1)   クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は貸金業法の規制の対象外です。
   そのため,年収の3分の1を超える借入れがある場合でも,クレジットカードで買い物をすることは可能です。
(2) ショッピング取引のうち,ボーナス払いについては,割賦販売法が適用されます。

4 日本貸金業協会HPの「貸金業法についてQ&A」が分かりやすいです。
1(1) 交通事故及び債務整理の初回の面談相談は無料であり,相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故及び債務整理については,無料の電話相談もやっています。
(2) 相談予約の電話番号は「お問い合わせ」に載せています。
  
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)については,略歴及び取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図を参照してください。